TOPへ戻る

みんなの感想Review

  • 「滝を見にいく」を見にいった人の感想を紹介させてください。 随時更新中
  • 『滝を見にいく』という奇妙でかわいい映画を観たのですが、これは当たりでしたよ。7人のおばさんが、山で迷子になるというだけの話です。へんでしょ。勝手にコピーをつくりました。
    「おばさんと少女はおなじものなんです」
    (2014/9/4ツイッターより)

    『滝を見にいく』という映画のこと、まだ続けて考えてます。明日の「ほぼ日」にもそのことを書きました。 実は、とっくに「おばちゃんの時代」になっているということを、みんな気づかないふりをしているのでしょうか。
    (2014/9/5ツイッターより)

    この映画を観客席でじっと観ていると、この世界のなかにいることって、ださいし、ありきたりに思えるけれど、 あんがいわるくないんじゃないの、という気持ちになる。
    (2014/9/6「今日のダーリン」より)

    糸井重里 さん : 「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰
  • 沖田修一監督の『滝を見にいく』は、バスツアーに参加した7人のおばちゃん達が山で遭難してしまう、のんびりサバイバル映画。 『七人の侍』ばりに個性豊かなヒロイン達が個々の悩みや経験、衝突を乗り越え、朗らかにピンチを乗り越えていく。 沖田作品らしいクスクス笑いが絶えない、自然体な生命讃歌。
    (2014/10/17ツイッターより)

    牛津厚信 さん : ライター
  • それぞれのおばさんの役割、立ち位置が素晴らしい。
    7人という人数もすごい。まるで『七人の侍』を観るようだ・・・!
    試練に立ち向かうおばさんたちは最高、最強、かっこいい!
    道に迷ったおばさんは、それでも家族へのお土産だけは忘れない。
    これぞおばさんの心意気、その心意気に泣いた
    (VISA 12月号)

    永 千絵 さん : 映画エッセイスト
  • 『40こえたら女はみんな同い年じゃボケ!!』
    このセリフに、なぜだか勇気をもらいました。
    愛すべきおばちゃんに、私もなりたいものだわ。

    菊池亜希子 さん : 女優、「マッシュ」編集長
  • 360度冒険。
    優しい一歩が踏み出せる気がする。

    高良健吾 さん : 俳優
  • 試写で沖田修一監督の『滝を見にいく』。最高だった。何十年も生活をしてきた人の姿がそこにあった。 落ち葉に埋もれる5、60代の女性たち、なんとかわいく美しいことか。素人ばかりの、こんな繊細で素敵な作品が完成した奇跡よ。 黒田大輔さんのすごさは『おとこたち』を観た人ならご存知の通り。
    (2014/9/24ツイッターより)

    釣木文恵 さん : ライター
  • 僕の故郷である妙高が取り上げられてとても嬉しく思います。
    いきなり始まった、7人のおばちゃんの冒険物語。見ず知らずの7人がピンチを乗り越えるため、だんだん打ち解けていく過程がとても感動で、見終わった後、すごく温かい気持ちになりました。
    中学校のころ遠足で苗名滝には行きましたが、幻の大滝には行っていないので、いつか見に行きたいです。

    HIKAKIN さん : YouTuber
  • 先日、試写を拝見した沖田修一監督の最新作「滝を見にいく」がスゴく面白かった。 有名な俳優は黒田大輔さんくらいしか出ていないけど、四十路超えの女性七人衆の織り成すアンサンブルが最高。真の意味で、絶妙な配役。
    (2014/8/24ツイッターより)

    平田真人 さん : ライター
  • 11月公開!沖田修一監督『滝を見にいく」試写。ハイキングツアー中に遭難するおばちゃん7人のお話は、かわいいガールズムービーでした。 おばちゃんは山で少女になる。30代半ばの男の監督にこれ撮られちゃったの、悔しいくらい。若い女子も古い女子も見るがいいよ!んでカラオケであの曲を唄おう。
    (2014/10/9ツイッターより)

    町山広美 さん : 放送作家
  • できたてほやほやの沖田修一監督新作「滝を見にいく」を観た。滝ツアーに参加した7人のおばちゃんが、山中で迷子になってサバイバルを強いられる88分の作品。 オーディションで選ばれた出演者は素人も多数。でも、贅沢な映画に仕上がっていた、映像も、流れる時間も。実験的なのに上品。今秋公開。
    (2014/4/1ツイッターより)

    門間雄介 さん : 編集者、ライター
  • 遭難して役に立つ人間なんて、現実にはいないのだ。 そんな全人類の「普通」を代表する存在が日本のおばちゃんだなんて、素敵すぎる! 細部に爆笑し、愛すべきキャラたちには涙目。 誰の身にも起こる(かもしれない)日常エンタメの快作!

    矢田部吉彦 さん : 東京国際映画祭 作品選定ディレクター
© 2014「滝を見にいく」製作委員会